ハッサン・ホワイトサイド、ネッツ戦終盤で起用されなかったことについて苦言を呈す

シェアしよう!

日本時間04/01に行われたブルックリン・ネッツ戦の終盤、マイアミ・ヒートのハッサン・ホワイトサイドは試合をベンチから見守ることになった。

怪我からの復帰戦だったため、出場時間を制限されたのだろうが、試合の重要な場面で起用されなかったのは不本意なことだろう。

このことについて、ホワイトサイドは以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

多くのチームは優れたセンターがいない。彼らは彼らの強みを使うつもりだったんだ。クソだ。本当にクソだよ。

出場時間は一年中こんな感じだよ。本当にイライラする。タフなことだ。なぜかわからないけど、おかしなこと。理解できないよ。

ホワイトサイドは昨季平均32.6分出場し、トップリバウンダーとして高いパフォーマンスを披露した。

だが今季は度重なる怪我の影響で29試合を欠場しており、さらに平均25.6分しか出場していない。

さらに新人センターのバム・アデバヨが印象的な活躍を披露しているため、ホワイトサイドは気が気でないだろう。

とはいえホワイトサイドはヒートで一番給料を貰っている選手であるため、チームが慎重になるのは無理もない。

今後ヒートはホワイトサイドをどうやって起用していくのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。