ロケッツHC、クリス・ポールの負傷をポジティブに捉える

シェアしよう!

日本時間5/25に行われたプレーオフカンファレンスファイナルゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で、ロケッツのクリス・ポールはハムストリングを負傷してしまった。

残り22秒で痛め、交代後は会見にすら姿を現さなかったポール。次の試合の出場も危ぶまれている。

この試合では20得点を記録し、チームを勝利へ導く3ポイントも決めただけに、彼の不在はチームにとって大きな痛手になることだろう。

だが、チームを率いるマイク・ダントーニHCは彼の負傷離脱をポジティブに捉えているようだ。

クリス・ポールの怪我について、彼は以下のようにコメント。Houston Chronicleが伝えている。

彼の精神は良くなかった。確実に試合から出たがっていたし、とても心配だよ。普通なことさ。

明らかに、片足を引きずっているようだけど、彼はタフな男だ。チームはできることならなんでもするつもりだ。もし彼が居れば、それは彼にとってグレートなこと。もし居なくても、我々は十分に選手がいるし、それは誰かがステップアップする時間だ。確実に、我々は新鮮な脚を持っているだろうし、これを乗り越えるための多くの選手がチームにいるんだ。

あともう少しで念願のファイナルに進出できるロケッツだが、ここに来て大きな難局に立ち向かわねばならなくなった。

そう言えるほど、プレーオフでのクリス・ポールの活躍は素晴らしいものだった。

ポールがどうなったかはまだわからないが、ここはダントーニの言うようなロケッツの底力に期待するしかない。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。