ジマー・フレデッテ、 NBA復帰を希望

シェアしよう!

2011年ドラフト10位で指名された元大学バスケットボール界のスターであるジマー・フレデッテは、今季を中国リーグで過ごした。

今季も昨季と同じく上海シャークスに所属し、平均36.9得点という素晴らしい成績を残したフレデッテ。

そしてフレデッテはオフの間、ザ・バスケットボール・トーナメント(通称TBT、2014年に作られたESPNがサポートを務めるバスケ大会)に出場するそうだが、そこではNBA復帰を念頭に戦うようだ。彼の以下のコメントをESPNが伝えている。

俺はいつも NBAで違ったチャンスを得るのが大好きだ。中国ではより良くなって、毎年向上してる。誰かが注目してくれるといいね。

(TBTは)素晴らしい才能のたまり場だよ。

日本ではあまり馴染みのないTBTだが、72チームが5on5で対戦し、優勝したチームには2億円が支払われるというかなり大きな規模の大会である。

主催者曰く昨季は参加した選手の内16人がNBAの契約を手に入れたらしく、フレデッテもこの大会で自身の能力をアピールするようだ。

NBAでは守備難や素行不良などで満足な出場機会を得られなかったフレデッテだが、この大会を機に大舞台に返り咲くことができるのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。