ジョエル・エンビード「サリッチとコビントンがいなくて寂しい」

シェアしよう!

日本時間11/11の朝に行われたジミー・バトラー関連のトレードによって、シクサーズのダリオ・サリッチとロバート・コビントンはシクサーズからウルブズに移籍することになった。

サリッチ、コビントン共にシクサーズでキャリアをスタートさせたプレイヤー。シクサーズから離れることは辛いことかもしれない。

そしてこの二人について、キャリア初期からこの二人とともにプレーしてきたセンターのジョエル・エンビードは以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

ダリオとコブ(コビントン)がいなくて寂しい。

彼らは複数年いろんなものをもたらしてくれた。お互いとてもうまくプレイし始めていたし、理解していた。ダリオは何度も自分自身をを見つけていたし、コブはオールディフェンスファーストチームで、ショットを決めてくれた。お互いうまくプレイし始めていたし、お互いを理解していたんだ。

だがこれはビジネス。動いていく。彼らが好きだし、幸運を祈る。寂しいが、彼らが好きだ。彼らと連絡を取り続ける。

自身の台頭と同時期にプレイしていたエンビードからしてみれば、この二人と離れることはとても寂しいことなのだろう。

ウルブズでの健闘を祈りたい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。