アンドリュー・ウィギンス「ジミー・バトラーから多くのことを学んだ」

シェアしよう!

シクサーズ へトレードで移籍したジミー・バトラーは、ウルブズの若手コンビカール・アンソニー・タウンズ、アンドリュー・ウィギンスと仲が悪かったと言われている。

それは若手コンビの練習態度などが原因とされているが、2人ともバトラーに対して感謝の気持ちを持っているようだ。

彼らの以下のコメントをESPNが伝えている。

タウンズ

彼はとんでもないプレイヤーだ。彼が世界に何人いるか分からないけど、寂しくなると思う。

ウィギンス

彼から多くのことを学んだ。長い間行けなかったプレーオフに出場したんだ。どちらにせよポジティブなことだったと思う。

現役屈指のツーウェイプレイヤーであり、熱いハートを持つバトラーとともにプレイした経験は、確実に彼らに影響を与えるだろう。

現在チームは低迷中だが、「おれがいなきゃかてねえんだろう!」と言い放ったバトラーをギャフンと言わせるような活躍を期待したい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。