ブラッドリー・ビール、自身のトレード報道は「ナンセンス」

シェアしよう!

不調に喘いでいるワシントン・ウィザーズの周りでは、先日からトレード報道が過熱している。

エースのジョン・ウォールや、セカンドスコアラーであるブラッドリー・ビールのトレード話まで出てきているほどだ。

だが、ビールは自身のトレード報道について否定したようだ。彼の以下のコメントをNBA.comが伝えている。

あれはナンセンスだ。

試合前にその話は聞いたけど、情報源が俺からじゃないようなものだった。俺はワシントンのジャージーを着てる。何かが起こらない限り、毎日そうする。ここが俺の望む場所だ。

日本時間11/27行われたロケッツ戦では、ジェームズ・ハーデンのシュートの雨を浴びながらなんとか勝利。ロケッツを撃破した。

ここからの復調に期待したい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。