シカゴ・ブルズ、今季FAで獲得したジャバリ・パーカーをローテーションから除外か

シェアしよう!

二度の大怪我を乗り越え今季開幕前に2年約40億でブルズと契約したジャバリ・パーカーだが、早くも困難な状況に直面しているかもしれない。

ESPNによれば、ブルズはチームのローテーションからパーカーを除外したという。尚この決定は本人に通達済みのようだ。

パーカーは今季最初の7試合をスタメンで過ごしたがディフェンスの状態が思わしくなく、その後ベンチへ。その後ラウリ・マルケネンをはじめとした怪我人の続出によってスタメンに戻っていたが、そのマルケネンが12月頭に復帰したことで、ベンチからの出場がまた続いていた。

日本時間12/14行われたマジック戦ではファーストハーフに4分出場しただけで、セカンドハーフに出場機会は訪れなかった。

なおパーカーは来季オプションとなる契約のため、そういった話はまだないもののデッドライン前にトレードされる可能性がある。

そしてブルズはフォワードのローテーションをボビー・ポーティス、ラウリ・マルケネン、チャンドラー・ハッチソン、ジャスティン・ホリデーで回していくようだ。

ここ最近ブルズはHC解任、50点差での敗戦、選手の練習ボイコットなどネガティブなことしか起きていない。今後も難しい状況が続きそうだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。