ジャバリ・パーカー「コートに立つ準備をするのが自分の仕事」

シェアしよう!

先日ブルズのローテーションを外れ、出場機会が大幅に減ったジャバリ・パーカー。

今季2年40億でブルズに入団した彼にとって、この現状は受け入れがたいことのように思えるが、このことについてパーカー本人は以下のようにコメント。Chicago Tribuneが伝えている。

選んでここに来た。

ここに所属することを証明するためになんでもやった。そしてそれを続けるつもりだよ。コートに立つための準備をするのが自分の仕事。俺は何も言えないから、自分の代わりに声を出して俺を守るのがエージェントの仕事だ。

できるだけ多くの意見を持ちたいけど、問題はない。どんな感触であろうが問題ない。それが現実なんだ。俺はラインナップから外れるという期待を与えられた。誰かがそうでないというまで、俺はそのポジションに居続けるだろう。

とは言えパーカーはまだ23歳。スタッツも残しており、トレードも十二分に考えられるだろう。

ここからどうなるかはまだ不確定だが、巻き返しに期待したい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。