ウルブズ、HCのトム・シボドーを解雇

シェアしよう!

昨季念願のプレーオフ出場を果たしたウルブズだが、今季はここまで期待外れなシーズンを送っていた。

そして、このタイミングでHCが解雇されるようだ。

ESPNによれば、ウルブズはHCのトム・シボドーを解雇したという。

シボドーは2016年にウルブズのHC兼球団社長に就任。1年目のシーズンは31勝51敗と若手のホープを育てるシーズンとなったが、昨季は古巣のブルズからオールスターガードのジミー・バトラーを獲得。

するとチームは激戦となったウエストで躍進。後半に失速しプレーオフ争いに巻き込まれたが、バトラーとカール・アンソニー・タウンズを中心に十数年ぶりとなるプレーオフ出場を導いた。

だが今季はそのバトラーがトレードリクエストを出したことにより、チームは開幕前から迷走。結局シーズンが始まってからもバトラーをトレードせず、チームは混乱。開幕から負けが込んでいた。

またシボドーは先発選手を酷使する起用法が常に批判されており、シーズン前にオーナーがシボトーの解任を真剣に検討していたという報道も。

なお次のHCはまだ決まっていないが、オーナーのグレン・タイラーは先日ブルズのHC職を解任されたフレッド・ホイバーグの登用を真剣に検討しているようだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。