セルティックスGM「カイリー・アービング抜きのほうがセルティックスは強いという意見は筋が通っていない」

シェアしよう!

セルティックスのエースとしてチームを牽引しているカイリー・アービングだが、怪我がちのためか度々チームを離脱している。

リーグ屈指の得点力を持つPGなだけあって離脱すれば当然チーム力は弱まるだろうが、一方でアービング抜きのセルティックスは今季ここまで9勝2敗と好成績を収めており、一部のファンからは「アービング不要論」も聞こえてくる。

だがこの「アービング不要論」について、セルティックスのダニー・エインジGM兼球団社長は「筋が通っていない」と思っているようだ。彼の以下のコメントをmasslive.comが伝えている。

それは完全に筋が通っていない。なんの意味もない。

この2年間(おそらくアービングが入ってからのシーズン)のデータを見ると、我々のチームは優れている。我々が「カイリー無しでどれだけ点を取れるか」を解明しようとしたのは何も1ヶ月前からではない。カイリーは我々の中で群を抜いて効率的な選手だ。疑いなく。この2年間にカイリーがコートにいるときの我々のチームは、彼がいないときよりも遥かに効率的だ。だから、そういった考え(アービング不要論)はバカげたことだと思う。

膝の怪我で離脱していたアービング。そういった声を黙らすためにも、復帰後は圧倒的なパフォーマンスを披露したいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。