CBS Sportsが選ぶ、「今後の日程がキツい」チームトップ3

シェアしよう!

残り20試合前後となった今季のNBA。

CBS Sportsが今後の日程がキツいチームトップ3を選定していたので、ここで紹介しよう。

順位や成績は記事作成時のもの

3位 ブルックリン・ネッツ

ネッツは来月とても気をつけなければならない。彼らは今イーストの6位に位置しているが、9位のマジックとは3ゲーム差しかない。まだ2試合イーストのトップであるミルウォーキーとの試合があって、快適な時間は過ごせない。さらにネッツはトロント、ポートランド、フィラデルフィア、オクラホマ、ユタとも戦わなければならない。ディアンジェロ・ラッセルは若い集団をリードする素晴らしい仕事をやってのけているが、シーズンのラストクオーターはネッツがよく作られていることを垣間見る事ができるかもしれない。

2位 ミネソタ・ティンバーウルブズ

現在8位とは4ゲーム差のスポットにいる。ミネソタは不運な状況だ。まだデンバーとゴールデンステイトとそれぞれ2試合戦わなければならず、こんなのはほとんどのチームにとって悪夢になるだろう。更にまだトロント、オクラホマシティ、ポートランドとの戦いがある。これらは全てタイトルコンテンダーだ。ミネソタはまだポストシーズンを戦うチャンスがあるが、様々なやり方に頼らなければならない。明らかなリーダーがおらず、チームディフェンスが欠如しているため、プレイオフ出場というミラクルは期待できない。

1位 オクラホマシティ・サンダー

サンダーは無傷でシーズンを終える方法を見つけなければならない。急上昇しているポートランドは3位の座に着いたが、ロケッツもジャズもすぐそこにいる。更に悪いことに、サンダーのシーズン終了間際の相手は一流のチームで埋まっている。ラプターズとは2回も試合が残っており、同じようにブレイザーズ、ウォリアーズ、ロケッツ、ナゲッツ、バックスとの試合も残っている。タイトなウエストにおいて、スーパースターチームメイトのようにプレイしなければならないラッセル・ウエストブルックとポール・ジョージはチームをトップ4から脱落させないようにし続けている。

なお「最も楽な日程」トップ3も選定しており、3位から順にキングス、ラプターズ、ジャズとなっている。

フォローする

スポンサーリンク