カイリー・アービング、ケンバ・ウォーカーを称賛

シェアしよう!

日本時間03/24行われたセルティックス戦で、ホーネッツのケンバ・ウォーカーは第4クウォーターの18得点を含む36得点を記録。チームを勝利に導いた。

終盤にケンバ・ウォーカーの爆発を止めることができなかったセルティックス。エースとしてチームハイとなる31得点を記録したカイリー・アービングは、ケンバ・ウォーカーについて以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

終盤に、できるだけチームを助けようとした。多分彼にもう少しトラップを掛ける必要があった。リーグの全てのチームがやっているようにね。だができなかった。彼はいつも俺らをボコボコにする。だから(今夜の活躍に)驚きはないよ。

この試合得点だけでなく11リバウンド、9アシストとマルチな活躍を披露したウォーカー。

今季のケンバ・ウォーカーはリーグ屈指のスコアリングポイントガードとして一皮むけた感があるが、中でもセルティックス戦4試合で平均30.3得点と高い数字を記録していた。合口が良かっただけに、セルティックスはもう少し対策をすべきだったかもしれない。

イーストの熾烈なプレイオフ戦線になんとかとどまっているホーネッツ。ウォーカーのさらなる活躍に期待したい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。