ジェイソン・テイタム「みんなが同じページにいるようには見えなかった」

シェアしよう!

開幕前イーストを支配するのでらと言われていたボストン・セルティックスだが、ケミストリーの不和などもあり残念なシーズンを送ってしまった。

今季について、若手コアのジェイソン・テイタムは以下のようにコメント。Clutch Pointが伝えている。

俺らは多くのタレントを持っていた。外部の人間が信じていたかわからないけど、チームには優秀な人間が多くいた。みんな勝ちたがってた。みんな上手くやろうとしていたが、正確にできたかどうかはわからない。飛行機の中やコート外では素晴らしい関係だったが、試合の映像を見ると、試合中はみんなが同じページにいるようには見えなかったんだ。

誰か1人の失敗ではない。ブラッド(HC)の失敗でもなければ、ダニー(HC)の失敗でもない。みんなコーチやGMの責任にするが、試合に出て自分たちの仕事をする必要があったし、常にそれができているわけではなかったんだ。

チームの不調に影響されてか、期待値を下回る結果に終わったテイタム。

チームがテイタムをトレードの駒として使うとの噂もあり、来季も緑のユニフォームを着てプレイするかはわからないが、来季は一皮向けた能力を見せて欲しいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。