ニックス内部、アンソニー・デイビスの獲得で意見が割れる?理由はまさかのあの選手

シェアしよう!

今季トレードで大幅にキャップスペースを空け、大物選手の獲得に動くとされるニューヨーク・ニックス。

事実上のトレード希望をオールスターブレイク前に出したアンソニー・デイビスもニックスが狙っているとされているが、SNYによれば、ニックスの中ではデイビスを獲得することに疑問を持っている人間がいるようだ。

SNYの情報源によれば、カーメロ・アンソニーをトレードで獲得した後の展開をきっかけに、いくつかの組織内の人間はアンソニー・デイビスのために資産を手放すことを不快に感じているという。

カーメロ・アンソニーはナゲッツに所属していた当時トレードリクエストを出し、いくつかのチームから興味を持たれた。結果ウルブズを巻き込んだ13人が絡むトレードで希望だったニックスへ移籍。その後はレギュラーシーズンで素晴らしい活躍を披露したが、ポストシーズンではチームを上位に導けず。サンダーへと移籍した経緯がある。

現在のデイビスの状況はカーメロの当時と似ており、カーメロとデイビスを重ね合わせている人間がニックス内部にいるのだろう。

なおデイビスは様々なチームから関心が持たれているが、ニックスかレイカーズどちらかへしか行かないと言われている。もしニックスがデイビス獲得競争から撤退すれば、彼が次に着るジャージーの色はパープルイエローになる可能性がかなり高くなる訳だが、果たして。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。