ロンゾ・ボール、リリースしたラップアルバムでレイカーズに恨み節

シェアしよう!

ドラフトから2シーズンロサンゼルス・レイカーズで再建の切り札としてプレイしたロンゾ・ボールだが、6月にアンソニー・デイビス関連のトレードでペリカンズへ移籍した。

そんなロンゾ・ボールだが、先日発表したラップアルバムの1曲でレイカーズに恨み節とも取れる歌詞を載っけていたようだ。以下がその歌詞である。

全てはビジネスだ
L.A.は決断に後悔するだろう

だがこの指摘を受けロンゾ・ボールはレイカーズに嫌悪感がないことをTwitterで明かしている。

誰かを侮辱するつもりはないしL.A.での時間を愛している。俺は自分の歌を捌け口として使って、人生で今起こっていることを表現してるんだ。

ラップやヒップホップを好んで聴くNBA選手はとても多いが、中にはダミアン・リラードやランス・スティーブンソンのようにラップアルバムを自ら作成しリリースする選手もおり、ロンゾ・ボールもその一人としてその名が知られている。

アルバム作る前にフリースローの練習しろロンゾが自身をトレードで放出したレイカーズを恨んでいるかはわからないが、今季は歌詞に書いているように決断を後悔させるパフォーマンスを披露してほしいものだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。