ルディ・ゴベール、ドノバン・ミッチェルとの不仲を一部認める

シェアしよう!



NBAでコロナウイルス最初の感染者になったジャズ・のルディ・ゴベールは、感染前冗談のつもりで不用意にチームメイトの私物に触るなどの行為を行っていた。

結果としてジャズのエースであるドノバン・ミッチェルが感染しゴベールは大きな批判に晒され、一部メディアからは二人の仲が修復不可能な状態に陥っていると報道されている。

この報道について、ゴベールは一部を認めたようだ。彼の以下のコメントをBleacher Reportが伝えている。

しばらく俺たちが話さなかったのは本当だよ。だけど数日前少し話をした。俺たちはともに試合に出てチームのためにチャンピオンシップを獲得する準備をしてる。みんな違った関係を持っているんだ。俺とミッチェルは、完璧からは程遠いね。

だけど結局、俺たちは同じことをやりたがってる。勝つことだね。お互い大人だし、勝つために必要なことをするさ。

ゴベールにはトレードの噂が出るなど、チームの根幹にかかわる問題となっていた両者の関係性。完ぺきではないというが、ある程度は安心してよさそうだ。

なおシーズン復帰についてNBAは今月中に結論を出すことはないとしている。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。