ルディ・ゴベール「匂いの感覚はまだ100%じゃない」

シェアしよう!



NBA選手としては一番最初に新型コロナウイルスの感染が確認されたルディ・ゴベールは、感染時「味と匂いの感覚がなかった」と語っていた。

感染が判明したのは3月であり既に3ヶ月以上が経ったが、ゴベール曰くまだ匂いの感覚が完全に戻っていないという。彼の以下のコメントをNBC Sportsが伝えている。

味覚は戻ったんだけど、匂いがまだ100%じゃないんだ。匂うことはできるんだけど、遠くの匂いは感じない。長くて1年はかかるって専門家に言われたよ。

ゴベールの感染が確認された後、NBAはすぐにシースを中断。その後、チームメイトのドノバン・ミッチェルも感染が確認されていた。

コロナウイルス蔓延から早半年が経とうとしているが、ウイルスに関してはまだ全くと言って良いほど全容が明らかになっていない。

もし身体に恒久的な障害が残るのであればスポーツ選手としては致命的であり、その点を危惧する選手も多い。早急な全容解明を願うしかない。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。