不調のウィザーズ、HCの解任が近い?

シェアしよう!

開幕前トレードでジョン・ウォールを放出しラッセル・ウエストブルックを獲得したワシントン・ウィザーズ。イーストでのプレイオフ争い参戦が期待されていたが、今季はここまで2勝8敗と期待されていた結果を全く残せずにいる。

何かを変える必要があるのは間違いないが、The Ringerによれば、スコット・ブルックHCの解任が近づいている可能性があるという。

リーグの情報源によれば、HCのスコット・ブルックが非常に危うい立場にあるという。解任するであれしないであれ、ウィザーズは何かを変える必要がある。

2016年から指揮を執っているブルックHCは最初の2シーズンチームをプレイオフ進出に導いたが、その後はチームを上位に導けず。ジョン・ウォールが怪我で離脱していたこの2年間は満足のいく成績を残せずにいた。

そのウォールに代わりウエストブルックが加入したことで成績が大きく改善されると見込まれていたが、そうはならず。ウエストブルック自身も明らかな衰えを見せており、そのセルフィッシュなスタイルからも大きな批判を浴びている。

またリーグトップクラスのオフェンス力を持ちながらそれ以上に残念なディフェンスが昨季から全く改善されておらず、その点でブルックは手腕を発揮できずにいる。

このままの成績では遅かれ早かれ解任されるだろうが、ここからの巻き返しはあるだろうか。

フォローする

スポンサーリンク