ディフェンスの名手ドレイモンド・グリーン、3on1で勝利

シェアしよう!

日本時間1月13日行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対インディアナ・ペイサーズ戦は、ペイサーズが104対95で勝利した。

勝利したペイサーズはマイルズ・ターナーがチームハイとなる22得点に加え12リバウンド2スティール5ブロックと驚異的な活躍を披露。ドマンタス・サボニスが18得点14リバウンド、ベンチから出場のアーロン・ホリデーが16得点12アシストを記録した。

敗れたウォリアーズはアンドリュー・ウィギンスがチームハイとなる22得点、ステフェン・カリーが20得点だった。

そしてこの試合ディフェンスの名手であり今季もNBA屈指のIQを見せつけているドレイモンド・グリーンが、3on1という絶対的不利な状況で勝利するという場面が。

実況は大興奮。解説者は思わず笑っていたようだ。

リーグ屈指のディフェンダーであり今季は相手のセットプレイを完全に読み切る場面を何度か見せているグリーンはこの試合7得点6リバウンド10アシストを記録している。

フォローする

スポンサーリンク