ケリー・ウーブレとニューヨーク・ニックスが相思相愛?

シェアしよう!

シーズン開幕前負傷により再離脱したクレイ・トンプソンの代わりとしてトレードでゴールデンステイト・ウォリアーズにやってきたケリー・ウーブレは、今夏FAになる。

ウォリアーズではトンプソンが来シーズン復帰する見込みであることからウーブレの去就が話題になっている訳だが、そのウーブレについて今季イーストで躍進したチームが狙っているかもしれない。

New York Postによれば、ニューヨーク・ニックスがケリー・ウーブレの獲得を狙っており、ウーブレ自身もニックス行きに興味があるというという。

情報源によれば、ウーブレとニックスは相思相愛だという。ニックスはミッドレベルエクセプションを使って彼に1年950万ドル以上のオファーをできる数少ないチームの一つでもある。

昨季サンズ平均18.7得点を記録しブレイクしたウーブレだが、今季は序盤からシュートタッチに苦しんだ。2月に本調子を発揮すると平均20得点を記録する期間もあったが、序盤の不調が響きシーズン成績は昨季を下回る平均15.4得点6.0リバウンド3ポイント成功率31.6%に終わっている。

とはいえウーブレはスタメンにこだわっており、トンプソン復帰後はベンチからの出場が予想されている。またニックスのウィングポジションにはRJ・バレットとレジー・ブロックが起用されているがブロックは今夏FAになるため、ニックスがオファーする可能性は低くない。

いずれにせよウーブレがウォリアーズに残留する可能性は低そうだが、彼は来季どの色のユニフォームを着てプレイしているだろうか

フォローする

スポンサーリンク