ブラデ・ディバッツ「マイケル・ジョーダンは今なら平均80点は取る」

シェアしよう!

バスケットボール史上最高の選手を考える時、まず真っ先に思い浮かぶのがマイケル・ジョーダンだろう。

90年代のNBAを支配し6度のチャンピオンシップを獲得するなど史上最強ブルズ王朝の絶対的エースとして活躍したジョーダンだが、一方で最近のGOAT議論ではジョーダンではなくレブロン・ジェームズやコービー・ブライアントの名を推すファンも多くなってきた。

そんな中、元オールスターのブラデ・ディバッツがこの議論に加わり大胆な予想をした模様。曰くジョーダンは現代ルールの影響により毎試合80得点できるという。彼の以下のコメントをFadeaway World伝えている。

俺の意見を言おう。もしジョーダンが今のNBAでプレイすれば、ルールのおかげで平均80得点は記録するだろう。ルールが変わったおかげでフィジカルコンタクトやハードゲーム、ディフェンスの焦点は存在していない。彼らは楽しくプレイしてそれが良くて、より得点を記録してそれも良いって感じだよね。ただ時代が違うから、他の世代の誰かと比べることは出来ないけどね。

2004~05シーズンからハンドチェックが禁止されたことにより、NBAの試合はよりオフェンシブになった。さらにステフェン・カリーとスティーブ・カー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズが3ポイント戦術で大成功を収めたことから3ポイントが大流行。各チームの平均得点が大きく上昇し、ジョーダンが居た時代とは比べ物にならないほどオフェンシブなゲームが展開されている。

時代背景や人種の豊富さなどあらゆる面で違うためディバッツの言う通り単純な比較は出来ないが、この議論が終わる事は無さそうだ。

フォローする

スポンサーリンク