CJ・マッカラム「ラメロ・ボールのポテンシャルは計り知れない」

シェアしよう!

昨夏NBAドラフト全体3位でシャーロット・ホーネッツに指名されたラメロ・ボール。当初は線が細くアウトサイドショットが安定していないため適応には時間がかかると言われていたが、その多くの予想を裏切りセンセーショナルな活躍を披露。見事ルーキーオブザイヤーを獲得した。

そのラメロについて、ブレイザーズのセカンドスコアラーでありリーグ屈指の得点力を持つCJ・マッカラムが言及したようだ。彼の以下のコメントをBleacher Reportが伝えている。

彼のポテンシャルは計り知れないし、隠れた良い部分がたくさんある。彼の試合は好きだし、「Wow」ってなる。年齢以上のコートビジョンを持ってるね。マイク(ホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダン)が前に「みんなが思ってるより良い選手」って言ってたけど、ほんとその通りになったね。

ラメロは今季ベンチプレイヤーとしてシーズンをスタートさせたが、先発ガードの負傷離脱によりスタメンポイントガードとして試合に出場すると、素晴らしい活躍を記録。シーズントータルでは平均15.7得点6.1アシスト5.9リバウンドだが、スタメンとして出場した試合に限定すれば平均18.1得点6.2アシスト5.9リバウンドだった。

シーズン途中に手首を骨折した影響により21試合を欠場してしまったものの、ホーネッツをプレイオフ争いのチームに変貌させたラメロ。素材型との評価を覆し、完全にチーム内での地位を確立した。

来季で20歳とまだまだ成長の余地を残しているが、来季の成長にも期待したいところだ。

フォローする

スポンサーリンク