ケイド・カニングハム「プレイするポジションでのベストプレイヤーになりたい」

シェアしよう!

豊作と言われている今夏のドラフトにおいて、間違いなく1位指名を受けると言われているケイド・カニングハム。

一般的にドラフト1位指名の選手は大成することが多く、カニングハムにもその期待がかけられている訳だが、本人の目標は非常に大きいようだ。彼の以下のコメントをFadeaway Worldが伝えている。

1年目からプレイオフに進出したいし、確実にそのレースには加わりたい。それからルーキーオブザイヤーは絶対取りたい。2年目にはオールスターに選ばれて、どのポジションでプレイしたとしても、史上最も素晴らしい選手になりたいね。

カニングハムのポジションはポイントガードとシューティングガード。もしシューティングガードでプレイし史上最も素晴らしい選手になるには、マイケル・ジョーダンとコービー・ブライアントという偉大過ぎる選手を越えなければならない。

そのため目標を達成するには非常に大きな努力が必要だが、アマチュア時代から世代ナンバーワンの才能を見せつけてきたカニングハムは1年目どんなプレイを見せてくれるだろうか。

なおカニングハムはドラフト1位指名権を持っているピストンズが指名すると見られているが、依然としてドラフト1位指名権を狙うチームが多いと噂されている。

フォローする

スポンサーリンク