ランス・スティーブンソン、スペースジャム2のレブロンを絶賛

シェアしよう!

先日アメリカでロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが主演を務める「スペースジャム2」が公開された。

現地評価サイトを見たところ悪評が多いようだが、元チームメイトのランス・スティーブンソンは映画内のレブロンについて以下のようにコメント。Clutch Pointsが伝えている。

彼は素晴らしい仕事をしたと思う。映画には素晴らしいメッセージがあった。良い時を過ごしたし、子供も喜んでいた。彼は良い仕事をしたと思うよ。

バスケットボールプレイヤーの演技は難しいけど、彼は自分の個性を出して俳優としてプレイしていた。俺なら諦めるだろうし、簡単なことではないよ。

一応子供向けの映画であるためほとんどの人間にとってはあまり面白みのない映画だったようだが、NBA時代バチバチな戦いを繰り広げたランス・スティーブンソンとその子供にとっては間違いなく面白い映画だったようだ。

なお先日現地動画サイトのコメント欄では「コート上でもうまいんだから、映画でも演技はうまかった」「彼の酷い演技が分からなくなるから吹き替えは見ないほうが良い」「オリジナル(マイケル・ジョーダン主演)のほうが好き」「どんな最先端テクノロジーを使ってもジョーダンは超えられない!」「2005年くらいに公開されてたらめっちゃよかった」「時間の無駄」といった批判的なコメントが多く寄せられていた。バスケットボール以外でも、ジョーダンが壁になったようだ。

フォローする

スポンサーリンク