【NBA2021オフシーズン】制限付きFA選手トップ10

シェアしよう!

NBAファイナルはレジェンダリーな活躍を披露したヤニス・アンテトクンポ率いるミルウォーキー・バックスが50年ぶりにタイトルを獲得し幕を閉じた。

これから本格的なオフシーズンに突入しFA市場解禁に向け各チームが動き出すが、今回は今夏ルーキー契約が終了し制限付きFAになる選手トップ10を紹介しよう。

10位 ジャレット・アレン

2020-21シーズンの成績
平均12.8得点10リバウンド1.4ブロック

ジェームズ・ハーデン関連のトレードでどさくさに紛れてキャバリアーズが獲得したのがアフロでお馴染みジャレット・アレンだ。リーグ屈指のリバウンダー兼リムプロテクターであり今では貴重になったアメリカ人センターである彼だが、ミドルショットに欠ける能力は少し前時代的であり多くのチームが狙う選手かと言えばそうでもないように見える。

キャブズは彼を大きく評価していると噂されており残留させる可能性が高いと言われてきたが、もし保有しているドラフト3位指名権で世代屈指の多彩なセンターであるエバン・モブリーを獲得することになれば、状況は変わるかもしれない。

フォローする

スポンサーリンク