スポンサーリンク

【NBA2021-22シーズン開幕前】まだいるの?9月の今でもFA市場で獲得できる選手トップ5

シェアしよう!

FA市場もピークが過ぎ現在は各選手オフシーズンを過ごしており、ほとんどのチームが補強を終えトレーニングキャンプに入ろうとしている。

最近ではディアンドレ・ジョーダンとポール・ミルサップというベテランプレイヤーがそれぞれロサンゼルス・レイカーズ、ブルックリン・ネッツというスーパーチームに加入したことが大きなニュースになったが、それ以外で移籍に関する大きな動きは無い状況が続いている。

だが昨季プレイしながらまだ今季の所属先を見つけられていない選手がいる。今回は9月になった今でも獲得可能な選手をトップ5形式で紹介しよう。

5位 デンゼル・バレンタイン

昨季の成績:平均6.5得点3.2リバウンド1.7アシスト

シカゴ・ブルズは2016年ドラフト14位で指名されたが1年目は平均5.1得点2.6リバウンド1.1アシストと期待以下の成績に終わった選手であり、4シーズン目を終え依然として所属先を決められていない。

彼は2年目に平均10.2得点5.1リバウンド3.2アシストと数字をほぼ倍増させ大きな成長を見せたが、4シーズンの平均は7.4得点3.5リバウンドとあまりよくない。もっと多くの出場機会を与えれば更なる成長が見られるかもしれないが、27歳と若く無いため彼の獲得はギャンブルになるかもしれない。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク