スポンサーリンク

ダラス・マーベリックス新GM、ボバン・マリヤノビッチとの面白いやり取りを明かす

シェアしよう!

ダラス・マーベリックスに所属しリーグ屈指の身長を誇るプレイヤーであるボバン・マリヤノビッチは、とてもお茶目で楽しい性格を持つ選手としても知られている。

そのマリヤノビッチについて、元ナイキの幹部であり今シーズンからダラス・マーベリックスの新GMに就任したニコ・ハリソンがとある出来事について言及した模様。彼の以下のコメントをLarrybrownsportsが伝えている。

ボバンとは何度か会ったよ。彼はかつてナイキのアスリートだったからその点で彼のことは知っていたけど、深くは知らなかった。だけどルカと会いにスロベニアを訪れた時、彼も一緒に居たんだ。

皆でディナーパーティーをするためにドライブに出かけた。スロベニアの郊外へ車で40分かけていったんだけど、ボバンには驚いた。彼はその間ずっと喋っていたんだ。良い時間だったし、仲間だということを確信したよ。

ほぼ初対面の人間がいる中40分車の中で喋り倒すボバン・マリヤノビッチにはさすがに驚きを禁じ得ないが、ユーモアあふれる彼にとってそんなことは朝飯前なのだろう。

マーベリックスでは特にルカ・ドンチッチと親友としての関係を構築しておりチーム内で愛される存在となっているが、今季から長年チームのGM職に就いていたドニー・ネルソンの後を継ぎ新GMに就任したニコ・ハリソンにとってボバン・マリヤノビッチは頼りになる存在となりそうだ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク