スポンサーリンク

【NBA21-22シーズン】シーズン序盤に解任されそうなHC4選

シェアしよう!

現在プレシーズン真っ盛りのNBAだが、毎年シーズン序盤であるにもかかわらず複数のHCが解任されているのは皆さんもご存じの通りだろう。

特にここ数シーズン期待以下の成績に終わっているチームや大型補強を敢行したHCは解任されやすい傾向にあるが、今回はThe Score.comがまとめた「序盤に解任されそうなHC」4選を見てみよう。

ルーク・ウォルトン-キングス

なんだかんだ言われながらルーク・ウォルトンは現在のリーグで10番目に在任期間が長いHCとなったが、戦績は62勝82敗(勝率43.1%)と良くはない。理論上チームはプレイオフに進出出来るだけの成績を上げると思われていないが、プレイイントーナメントがあるためプレイオフ進出の望みがない訳ではない。

彼の契約が22-23シーズンで終わる事を考えると、ウォルトンは早期の成功が求められている。特にウォルトンを招聘したブラデ・ディバッツの後を継ぎGMに就任したモンテ・マクネアは昨季リーグワーストだったディフェンスの大胆な改善を期待している。

サクラメントは毎年期待されながら、2006まで遡ると3年をフルシーズン戦ったHCは前任のデイビッド・イエーガーのみ。しかも18-19シーズン39勝43敗と悪くない数字を残しながら解任されていることを考えると、ウォルトンには早期の結果が求められるだろう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク